クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2020年6月14日(日)

アトピー性皮膚炎の新規治療外用薬

2020年6月14日(日曜日)

相変わらずコロナ禍で勉強会や講演会は開催されませんが、昨日の夕方Webで札幌皮膚科クリニック院長の安部正敏先生によるアトピー性皮膚炎の新規治療外用薬に関する御講演が行われましたので、モニターにかじりついて拝聴しました。

この薬は、デルゴシチニブ軟膏(商品名:コレクチム軟膏)という名称のお薬で、外用ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤に属します。ヤヌスキナーゼ(JAK)とはIL-4、IL-13、IL-31といったアトピー性皮膚炎の発症に関与するサイトカインの受容体に会合するチロシンキナーゼであり、JAK阻害剤はこの径路を抑える事によって、アトピー性皮膚炎の発症を抑制するとの事です。

安部先生は、この新規薬剤についてとても分かりやすく解説して下さいましたが、特にIL-31に起因した痒みを抑えてくれるとの特徴を有しており、また分子量が310Daと小さいため角質層の透過性が良好との事でした。ステロイド外用剤との効果を直接比較した研究データが今の所存在しないため、果たしてステロイド外用剤と比べてどの程度有効であるかは不明ですが、こうして治療法の選択肢が増えるということは患者さんにとっても我々皮膚科医にとっても喜ばしいことであると思います。

 

 

 

2020年5月17日(日)

琵琶湖のコアユによるアナフィラキシー

2020年5月17日(日曜日)

コロナ禍によって、相変わらずひたすら辛抱の日々が続いています。
それに加えて、我々医者にとっては普段は頻繁に開催される講演会や勉強会に出席することで新たな知識を得る事に努めていますが、コロナ禍の影響で講演会や勉強会も一切中止となってしまい、勉強の機会も減少してしまっています。

そこで、本を読んで勉強しようと、送られてきたアレルギー学会の学会雑誌である「アレルギー」誌を精読してみました。
興味深い論文が多数掲載されていましたが、その中で今回は馬場記念病院皮膚科の林 綾乃先生による「琵琶湖のコアユによるアナフィラキシーの1例」との論文を紹介したいと思います。

魚アレルギーには私も随分興味があり論文を書いたりもしてきましたが、現在魚アレルギーの主要蛋白抗原としては、1)パルブアルブミン(Gad c 1)、2)コラーゲン、の2種類の蛋白が同定されています。
しかし、共に程度の差はあれ全ての種類の魚に含有されていますので、真の魚類アレルギーの患者さんは魚類を食べると必ずアレルギー症状を発症するという事になります。
ところが、現実的には魚を食べてアナフィラキシーを発症する患者さんにおいても、魚類摂取後に必ずアレルギー症状を生じる訳ではない場合が大部分であり、この場合はほとんどが魚類の体腔に存在しているアニサキスという小さな虫(線虫)に対するアレルギー反応であって、たまたまアニサキスを含有した魚の切り身を食べた場合のみに症状が発現すると考えられています。

反面、淡水魚や養殖海産物にはアニサキスはほぼ存在していないと考えられていますので、林先生が報告された琵琶湖のコアユ摂取後に限ってアナフィラキシーを発症するというケースは、これまでの魚アレルギーの概念に当てはめると極めて稀という事になります。
実際、林先生の研究結果でも、この症例ではパルブアルブミンやコラーゲンが原因蛋白であった可能性は否定的であり、「本症例の主要原因抗原はコアユ特有の新規アレルゲンであると推測した」と結論付けておられます。
アレルギーの世界でも、この様な未知の抗原の関与が疑われる症例が報告されており、本当に興味が尽きません。

2020年4月8日(水)

固定薬疹を生じやすい薬剤

2020年4月8日(水曜日)

世の中コロナ禍で大混乱ですが、皆様方お元気でお過ごしでしょうか?
私は講演会や勉強会が全て中止になってしまったため新たな知識を得る機会がなくて困っていますが、診療自体も患者さんの数が減少しているため、暇にまかせて「薬疹情報」という本から固定薬疹を生じやすい薬剤に関するチェックを行ってみました。

固定薬疹とは、身体の特定の決まった部位に境界明瞭な紅斑や褐色斑を生じる疾患ですが、薬剤が原因であるということを見逃されて再発を繰り返す場合も少なくありません。
本コラムでも、2015年9月に去痰薬のムコダインで固定薬疹を生じやすいことを、また2017年5月には薬剤ではないのですが、トニックウオーターの摂取によって固定疹を生じる場合があることを報告してきました。
また、抗生剤のミノマイシンやポンタール・ブルフェンなどの鎮痛解熱薬で固定薬疹が生じやすいことは良く知られています。

その他、今回「薬疹情報」を集計した結果、アリルイソプロピルアセチル尿素やエテンザミドといった鎮痛解熱剤の成分によって固定薬疹が数多く発症していることが判りました。
また、頻用されている薬剤の中では、小児に対する鎮咳薬として用いられるアスベリンや抗ヒスタミン薬のピレチア(プロメタジンメチレンジサリチル酸塩)による報告も多く認められました。
但し、ピレチアは鎮静効果が強いため、我々皮膚科医が痒み止め目的で使用することはほとんどありません。
さらに、ニューキノロン系抗菌剤であるジェニナック(メシル酸ガレノキサシン水和物)でも固定薬疹の報告が数多くありました。

このように、どの薬剤が固定薬疹を生じやすいかを熟知しておく事は、固定薬疹疑いの皮疹を見た際に、患者さんが服用中の薬のうちでまずどの薬剤を中止してもらうかに関して的確な判断をなしうるため、大切な事だと考えられます。

2020年3月5日(木)

鶏肉アレルギー再考

2020年3月5日(木曜日)

牛肉や豚肉の摂取は可能なのに鶏肉を摂取した時だけにアレルギー症状を発症する"鶏肉アレルギー"に関しては、魚やネコの毛〜フケとの交差反応性が考えられてきました。このうち前者はfish〜chicken症候群との名称で本ブログの2016年8月に、後者はpork-cat症候群との名称で2017年8月に紹介してきました。

しかし、オーストリアのHemmer先生らは2016年に魚やネコの毛〜フケとも交差反応性を示さない純粋な鶏肉アレルギー症例28例を集計した結果を報告されていますので、今回は純粋な鶏肉アレルギーについてお話する事にします。
Hemmer先生らの集計によると、多くの症例は学童期から鶏肉アレルギー症状を発現しており、臨床症状は消化器症状、口腔内症状、皮膚症状、呼吸困難の順に多かったとの事です。
アヒル・ウズラ・ガチョウなどの肉でも症状を発現する場合がありましたが比較的症状は軽微であり、むしろ七面鳥の肉の摂取後に鶏肉と同様の重篤な症状をきたす場合が多かった様です。
重篤な症例では、鶏肉や七面鳥肉を調理中の湯気を吸入しただけでアナフィラキシー症状をきたしたようなケースも報告されています。
原因アレルゲンとしては、αリベチンやミオシンライトチェーンなどが候補として挙がっているそうです。

このように、鶏肉アレルギーにも様々な感作パターンが存在していると考えられますので、私達もこの様な点に関してもっと深く勉強する必要がありそうですね。

2020年2月19日(水)

モモアレルギーの新規抗原について

2020年2月19日(水曜日)

モモアレルギーに関しては、数年前まではシラカンバのBet v 1(PR-10蛋白)やBet v 2(profilin)抗原とバラ科の果物類との交差反応によって口腔内アレルギー症状を発現する、Oral Allergy Syndrome(口腔内アレルギー症候群)の機序による発症が主体と考えられていました。

しかし、ここ数年はGibberellin-regulated protein(GRP)という抗原が注目されるようになり、モモの中にもpeamaclein(Pru p 7)との名称のGRP抗原が存在していることが同定されました。
この抗原は、当初はモモ自体の感作により発症すると考えられてきました(本コラム2018年4月参照)が、近年ではヒノキ中に存在しているBP-14との名称のGRPアレルゲンとの交差反応によって生じるクラス2アレルギーである可能性が示唆されるようになってきました(本コラム2020年1月参照)。

さらに、少し前になりますが2019年12月に横浜で開催された日本皮膚免疫アレルギー学会で、藤田医科大学総合アレルギー科の大野先生達のグループは、モモ摂取後にアナフィラキシー症状をきたした6症例のうち3例ではGRPが陽性であったものの、GRPが陰性であった残りの3症例では20kDaの分子量を有した新規アレルゲンが同定された事を報告されました。

このようにモモアレルギーを例に挙げても様々なアレルゲンが存在しているという事になり、抗原の同定はますます複雑化していきそうです。興味は募るばかりで、食物アレルギーの世界からますます目が離せそうにありませんね。

2020年1月27日(月)

ヒノキアレルギーとの交差反応で生じる果物アレルギー

2020年1月27日(月曜日)

本ブログにおいて、ヒノキ花粉アレルギーが増加している事は2018年2月に、またGibberellin-regulated protein(GRP)というモモアレルギーの新規抗原については2018年6月に述べました。

一方、花粉アレルゲンの感作に伴い、その原因蛋白抗原と交差反応性を有する食物の摂取によってアレルギー症状を生じることは良く知られており、一般的にPollen-Food Allergy syndrome(PFAS;花粉食物アレルギー症候群)と称されますが、通常はハンノキ・シラカンバ・そして阪神間では特にオオバヤシャブシがPFASの原因抗原であり、その他イネ科のカモガヤ・オオアワガエリやキク科のヨモギ・ブタクサなども本症の原因抗原になりうるものの、反面スギやヒノキのPFASに対する関与は乏しいとされていました。

ところが近年、ヒノキにもcypmacleinと呼ばれるGRP抗原がアレルゲンとして作用している事が判明し、さらにヒノキのGRPはモモやザクロのGRPと交差反応性を有している事が証明されました。
現在、果物類の中では1)モモのPru p 7、2)ザクロのPun g 7、3)梅のPru m 7、4)オレンジのCit s 7の4種類の果物由来のGRPがアレルゲンコンポーネントとして同定されていますが、ヒノキアレルギーの患者さんのうちでヒノキGRPに感作された人の場合には、これらの果物類摂取後にアレルギー症状を発現する危険性が少なからず存在するという事になります。

このように、従来述べられていたシラカンバのBet v 1やBet v 2を感作抗原とする古典的なPFASとは異なった新規PFASパターンが存在しうるという事になり、我々も今後十分注意を払う必要がありそうです。

2019年12月9日(月)

第一世代抗ヒスタミン薬はもう必要ないのか?

2019年12月9日(月曜日)

昨日は東京まで出向いて、アレルギーシンポジウムに参加してきました。
様々な先生方による大変有益な御講演を拝聴しましたが、ここでは東北大学医学部機能薬理学分野の谷内一彦先生の御講演の一部を紹介することにします。

現在、抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代とに分類され、第二世代とは1983年以降に発売された中枢神経抑制作用や抗コリン作用などの副作用が少ない薬剤をこの様に称します。
従って、私たちが使用する抗ヒスタミン薬も現在ではほぼ全ての場合第二世代抗ヒスタミン薬が主流となりますが、第二世代抗ヒスタミン薬単剤を使用してもなお患者さんの痒みの訴えが強い際などには、ポララミン・ペリアクチン・アタラックスなどといった第一世代抗ヒスタミン薬を補助的に追加する場合もあります。

ところが、谷内先生の御講演では、1)中枢神経抑制作用を有した抗ヒスタミン薬の投与によって肥満を引き起こしやすい、2)中枢性抗コリン作用を有する抗ヒスタミン薬の投与により認知症が増強する、3)中枢神経抑制作用を有した抗ヒスタミン薬の7歳児への長期処方の結果IQが低下しやすい、4)中枢神経抑制作用を有した抗ヒスタミン薬を夜間に服用するとレム睡眠が誘導されて睡眠の質が悪化する、などのデータが認められている事を示されました。

第二世代抗ヒスタミン薬も現在多種の薬剤が発売されていますので、我々にとっては第一世代抗ヒスタミン薬はもう不要の薬剤になりつつあるのかも知れませんね。

2019年11月3日(日)

2-ヒドロキシエチルメタクリレート(2-HEMA)による接触皮膚炎

2019年11月3日(日曜日)

少し前になりますが、10月26日に尼崎市皮膚科医会講演会で藤田医科大学ばんたね病院総合アレルギー科教授の矢上晶子先生をお招きし、接触皮膚炎に関する最新の話題に関する御講演をして頂きました。
矢上教授はまだまだうら若き女性Drですが、接触皮膚炎に関する日本の第一人者の先生です。

今回も色々と為になる新知見を教えて頂きましたが、今回はその中で2-HEMAによる接触皮膚炎のお話をしたいと思います。
2ーヒドロキシエチルメタクリレート(2-HEMA)とはアクリル剤の1種で、ジェルネイルや歯科用接着剤として使用されています。強力な感作性物質でありこれまでにもネイリストや歯科技工士にアレルギー性接触皮膚炎の報告がありましたが、近年アレルギー性接触皮膚炎の報告例が増加しており、その原因としてアクリルネイルの流行が挙げられるという事です。

2-HEMAは極めて分子量の小さなモノマーであるため毛包から容易に侵入しやすく、毛包脂腺系から吸収された後にハプテンとして作用し、ランゲルハンス細胞のキャリア蛋白と結合して抗原性を有するとの機序で発症に至るそうです。

矢上先生は、"ネイルをした後にはしっかり光硬化させる事が大切です"と強調されていましたので、アクリルネイルをされている方は特にこの点に関して十分に気をつけて下さい。

2019年10月24日(木)

ピロリ菌除菌療法は慢性蕁麻疹患者に対して有効なのか?

2019年10月24日(木曜日)

ピロリ菌陽性の難治性慢性蕁麻疹患者に対して、ピロリ菌除菌療法を行う事が蕁麻疹の症状緩和に有効か否かに関する検討は以前より多くの施設で行われてきましたが、有効とする見解と無効とする見解とが存在しており、一定の結論は得られていないとの現状でした。

しかし、この度韓国高麗医科大学のHyun Jung Kim先生達のグループは、過去に22施設で行われた検討をメタ解析して、1385名の患者に対する大規模集積結果を報告されました(Kim HJ et al:Helicobacter. 2019)。
その結果、1)ピロリ菌陽性患者と陰性患者とを比較すると、ピロリ菌陰性患者で蕁麻疹の寛解は有意に高率であった、2)ピロリ菌陽性患者群において、ピロリ菌除菌療法を行った患者群で行わなかった患者群より蕁麻疹の寛解が多い傾向が認められた、3)しかし、ピロリ菌除菌療法が成功した群が成功しなかった群と比べて、慢性蕁麻疹の寛解が多いとの傾向は認められなかった、と結論づけています。

という事で、ピロリ菌陽性の難治性慢性蕁麻疹患者さんがピロリ菌除菌療法を行う事で蕁麻疹が軽快するとの保証は得られませんでしたが、ピロリ菌陽性で且つ蕁麻疹で悩んでおられる患者さんにおいてピロリ菌除菌療法を試みてみる価値はありそうですね。

2019年9月11日(水)

アトピー性皮膚炎患者では心血管リスクが高い?

2019年9月11日(水曜日)

デンマーク、オーフス大学病院のシュミット医師らがJournal of American Academy of Dermatology誌に発表した論文によると、1万3126人のアトピー性皮膚炎患者と12万4211人の対照患者を対象として、35年間もの長期間に及び心血管異常発症リスクをフォローアップした大規模研究の結果、心房細動発症のリスクはアトピー性皮膚炎患者群で0.81%、対照群で0.67%と、アトピー性皮膚炎患者群で約20%高いとのデータが得られたそうです。

但し、著者らはこの研究は、1)単一の施設で行われた、2)中等症ないし重症のアトピー性患者のみを対象とした、3)生活習慣の背景のデータが得られていない、との理由で極めて信頼性の高いものではなく、今後の追試が必要であるとしています。

しかし、私の知る限りではこれまでに、アトピー性皮膚炎に罹患したからといって心血管疾患の発症に留意しないといけないとの見解は存在していないと考えられ、そういった点でこの報告は画期的であると思われます。
果たしてアトピー性皮膚炎患者では本当に心血管疾患発症のリスクが高いのか?、もしそれが真実であるとしたら如何なる発症機序に基づくものなのか?、などの点に関しては、今後の追試によるデータの集積を待ちたいと思います。
   

バックナンバー

Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます