クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2021年4月18日(日)

コロナワクチンによるアナフィラキシー 高齢者の管理

2021年4月18日(日曜日)

今回も、先月に続きコロナワクチンによるアナフィラキシーのお話です。接種が進まない我が国ではまだまだデータが乏しいとの現状ですが、接種が進んでいる欧州の老年医学会のワーキンググループによる “COVID-19ワクチンに対する高齢者のアナフィラキシーの管理に関する見解” がこの度Allergy誌に発表されました。

その結果、ファイザー社ワクチンでのアナフィラキシー症例の年齢中央値は40歳であり、特にアナフィラキシーが高齢者で生じやすいとのデータは得られませんでした。ちなみに発症例の90%は女性であり、アナフィラキシーは女性に好発しやすい傾向が認められました。

症状としては、高齢者では意識喪失などの心血管症状が頻繁に生じており、一方アナフィラキシーで最も多く生じる症状は蕁麻疹、血管性浮腫などの皮膚症状なのですが、高齢者では若年成人例と比較して重症例でも皮膚症状を認めない症例の頻度が高かったそうです。さらに、チアノーゼ・湿疹・めまい症状の出現は、高齢者におけるショック症状を高度に予測していたとのことです。

結論として、高齢者でCOVID-19ワクチンに対するアナフィラキシーの発症リスクが高いとのデータは得られませんでしたが、特定の薬剤の内服と多剤の同時服用は危険因子であり、特にワクチン接種と近い時期に服用されたβ阻害薬とACE阻害薬の服用はアナフィラキシー発症の危険性と関連が認められました。従って、これらの薬剤を服用されている方は、ワクチン接種と近い時間帯には薬剤の内服を控えておく方が無難かも知れませんね。

 

2021年3月9日(火)

コロナワクチンによるアナフィラキシー

2021年3月9日(火曜日)

日本でもそろそろコロナワクチンの接種が開始され、それに伴い患者様方からは「私はコロナワクチンを接種しても大丈夫でしょうか?」との質問を多く受けます。確かに、ワクチンの主成分である二本鎖RNAに対する特異的IgEが産生される可能性は全くは否定できませんが、基本的には生まれて初めて体内に入る薬剤に対するアレルギーが生じる事は考えられませんので、少なくとも初回接種時にはその様な機序でのアナフィラキシーは起こらないはずです。

むしろ可能性が高いのは、ファイザー社とモデルナ社のワクチン中には脂質二重膜の水溶性を保持する目的でポリエチレングリコール(PEG)が含まれているのですが、PEGに対して既に感作が成立している人において、同剤を原因としたアナフィラキシーが生じうると考えられています。PEGは慢性便秘の治療薬や大腸内視鏡検査前処置薬に主成分として含まれており、その他食品・化粧品・軟膏基剤などにも含まれていますので、これらの製品によるアレルギーの心当たりのある方達はコロナワクチンの接種に注意する必要があります。

既存のワクチンによるアナフィラキシー発症の危険性は100万回当たり1件であるのに対して、コロナワクチン接種によるアナフィラキシー発症の危険性は10万回当たり1件と、約10倍の発症頻度があると報告されてきました。さらに、本日のニュースによると、日本でのコロナワクチン接種によるアナフィラキシー発症例は現時点では7万件で8人と、海外からの発症頻度よりも高率であるとの嬉しくない報告がなされています。とは言うものの、アナフィラキシー発症の危険性は極めて稀ですので、PEGに対するアレルギーの自覚がある方以外は、さほど心配せずにコロナワクチンの接種を受けても大丈夫だろうと私個人的には考えています。

2021年2月11日(木)

魚アレルギーの新規アレルゲン myosin heavy chain

2021年2月11 日(木曜日)

今回もまた、昨年末に開催されました日本皮膚免疫アレルギー学会で学んだ知識について紹介します。

魚アレルギーは成人の食物アレルギーの第4位を占めており、卵や牛乳と比べて免疫寛容を生じにくく、一旦発症すると10年経っても約80%の人では症状が持続しているそうです。

これまでパルブアルブミンと魚コラーゲンとが魚の2大アレルゲンと考えられており、パルブアルブミンは欧米の魚アレルギー患者の95%で陽性であるものの日本人の魚アレルギー患者での陽性率は60〜70%程度との事です。一方、魚コラーゲンは日本人の魚アレルギー患者の約50%で陽性であり、またほとんどが本邦からの報告であるとの特徴を有しています。ちなみに、魚コラーゲンと哺乳類のコラーゲンとの間には交差反応性は存在していません。

ところが今回、高知大学皮膚科の山本真有子先生は魚アレルギーの新規アレルゲンとして、225〜230kDaの分子量を有したmyosin heavy chainを同定されました。但し、パルブアルブミンが熱安定性であるのに対して、myosin heavy chainは熱非安定性であるため、加熱した魚では抗原性は不活化する様です。ただ、myosin heavy chainも多くの種類の魚類で抗原性を有しているみたいですので、2020年5月に述べたアユ特有のアレルギーのアレルゲンには該当しないと思われます。

アレルギーのどの分野に関しても同じ事が言えますが、話がどんどん複雑化して状況についていくのが精一杯ですが、私自身も頑張ってお勉強していこうと考えた様な次第です。

 

2021年1月11日(月)

Pork-Cat Syndrome 再考

2021年1月11日(月曜日)

今回もまた、昨年末に行われた日本皮膚免疫アレルギー学会で発表された演題からの紹介です。

Pork-Cat Syndrome (豚肉ーネコ症候群) という疾患については以前にもお話ししたと思います、ネコの有する血清アルブミンであるFel d 2と豚肉の血清アルブミンであるSus sとの間に交差反応性が存在しているため、ネコに接触しているうちにFel d 2に感作されたタイプのネコアレルギーの患者さんでは、やがて交差反応によって豚肉を摂取した後にもアナフィラキシーショックなどのアレルギー反応を生じる事があり、そのような場合にこの病名が用いられています。

ところが、今回横浜市立大学皮膚科の澤田先生らはネコの飼育歴はないものの、犬・ハリネズミ・ハムスターを飼育しているうちにこれらの動物に対する感作が生じ、さらに豚肉・牛肉の摂取後に口腔内のアレルギー症状を発症した症例を報告されました。確かにアルブミンという抗原は各動物間で高い構造類似性があり広範な交差反応性を有しているため、Pdrk-Cat Syndromeにおいてネコ以外の動物のアルブミンが感作抗原となったとしても何の不思議もない訳です。

これまでは、特にネコのアルブミンにおける交差反応性が高いと考えられていましたので、私達も豚肉に対するアレルギーの患者さんが来院された際には、「ネコは飼っていませんか? これまでにネコに対してアレルギー反応をきたしたことはありませんか?」などと問診していましたが、これからはネコ以外にも犬やハムスター・モルモットなど様々な動物に対する飼育歴やアレルギー歴を尋ねていく必要があるようです。

2020年12月24日(木)

納豆アレルギーとクラゲアレルギー再考

2020年12月24日(木曜日)

12月22日〜23日は休診にして患者様方には大変ご迷惑をおかけしましたが、高知で開催された日本皮膚免疫アレルギー学会に参加して多くの事を学んで来ました。今回はそのうちで、クラゲアレルギーと納豆アレルギーに関する新しい話題を紹介したいと思います。

納豆アレルギーに関しては以前にも述べたかと思いますが、1)サーファーなどマリンスポーツをされる方に好発する、2)納豆摂取後半日程度経過してから発症する、という特徴があります。その理由として、納豆アレルギーの原因抗原はポリガンマグルタミン酸(PGA)という物質であると考えられていますが、クラゲの針にもPGAが含まれておりマリンスポーツを好む方がクラゲに刺される事でPGAの感作が成立し、また納豆摂取時には納豆のネバネバの中に存在しているPGAが溶解してアレルギーを発症しうる分子量まで小さくなるのに半日程度を要するという要因が考えられてきました。

しかし、今回藤田医科大学の佐藤先生たちは、1)マリンスポーツをしない人たちに、2)納豆摂取後直ちに発症する、納豆アレルギー症例も存在する事を報告され、その原因蛋白として約30kDaの分子量の新規抗原を特定されました。

また、大阪はびきの医療センターの白井先生たちはクラゲを食べた後に発症したアナフィラキシー症例を報告され、会場では果たして納豆アレルギーとクラゲアレルギーの原因抗原は同一か否かという事で議論が行われました。しかし、過去のクラゲアレルギーの報告例では納豆アレルギーは有さないとの報告やPGAのプリックテストは陰性であったとの報告が認められており、納豆アレルギーの患者さんでも恐らくクラゲの摂取は可能であろうとの意見が主体となりました。

このようにアレルギーの世界ではまだまだ謎が多いのですが、細かい事ではあるものの大切な事ですし、とても興味深く感じられました。

2020年11月16日(月)

アトピー性皮膚炎の新規治療内服薬

2020年11月16日(月曜日)

これまでにも、本年6月にはアトピー性皮膚炎新規治療外用薬について、本年7月にはアトピー性皮膚炎の新規治療注射薬について述べてきました。これに加えて、今回はアトピー性皮膚炎の新規治療内服薬のお話です。

もう数ヶ月前になりますが、ドイツハンブルクのエッペンドルフ大学医療センターのKristian Reich先生らは、JAK1/2阻害作用を有した経口内服薬であるバリシチニブ(Baricitinib)とステロイド外用剤の併用療法について検討した結果、中等度〜重症アトピー性皮膚炎に対して4mg/日のバリシチニブ内服+外用ステロイド剤の併用が症状を有意に改善することを報告した論文を発表されました。この研究では、329例の被験者を無作為に、1)バリシチニブ4mg/日内服、2)バリシチニブ2mg/日内服、3)プラセボ内服、群に大別し、medium以下のステロイド外用剤併用の上16週間の内服継続を行ったところ、バリシチニブ4mg/日内服群で有意に高い有効性が認められたのことでした。

バリシチニブ(Baricitinib)とは、慢性関節リウマチに対しては2017年7月にオルミエント®との商品名で本邦でも既に製造販売されている薬剤です。ステロイド外用剤単独で効果不十分な中等症〜重症アトピー性皮膚炎患者への有効性が、これまで2件の第3相試験結果で報告されていましたが、今回このような大規模試験の結果が発表されると、その有効性がますます期待される事となります。

バリシチニブ以外にもまだまだその他の新規薬剤の開発が控えているみたいであり、5年後にはアトピー性皮膚炎に対する治療指針ががらっと変わっているとの可能性もまんざら夢ではなさそうですね。

 

 

2020年10月11日(日)

ランゲルハンス細胞は皮膚に有用なのか?

2020年10月11日(日曜日)

「兵庫県医師会報」をパラパラと読んでいたところ、IHI播磨病院皮膚科の森田秀樹先生による大変興味深い記事が目に飛び込んできました。森田先生は皮膚アレルギーが御専門で、「兵庫県医師会報」にはいつも興味ある原稿を投稿しておられます。

今回の森田先生の記事の内容をみると、これまでアレルギーを発症する際に抗原提示細胞として作用し、アレルギーの発症に寄与すると考えられてきたランゲルハンス細胞に対する概念が近年変わってきているとの事でした。

亜鉛欠乏性皮膚炎という疾患があるのですが、亜鉛欠乏状態ではランゲルハンス細胞が減少しやすくなります。ところが、ランゲルハンス細胞には、ケモカイン産生を誘導して皮膚炎を起こしやすくするATPという物質を不活性化する作用があるため、ランゲルハンス細胞の減少によってかえって皮膚炎の発症が誘導されるそうです。

ランゲルハンス細胞自体による接触皮膚炎の発症についても、オランダのグループは従来通りランゲルハンス細胞の除去によって接触皮膚炎は減弱すると報告していますが、フランスのグループはランゲルハンス細胞を除去しても接触皮膚炎に影響は及ばないと、そしてアメリカのグループはランゲルハンス細胞の除去によって接触皮膚炎は増悪するとの説を唱えているそうです。

時代と共に概念が大きく変わるということは珍しくない現象ですが、このようにランゲルハンス細胞を取りまく環境も混沌としてきており、目が離せないですね。

2020年9月8日(火)

アナフィラキシーにおけるPAFの役割

2020年9月8日(火曜日)

PAF(platelet-activating factor)とは肥満細胞などから放出されるケミカルメディエーターの一種であり、アレルギー反応の惹起、増強に重要な役割を果たしていると考えられています。

近年さらに、PAFは重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシー反応の発症に強く関与していることに注目されています。その根拠として、1)アナフィラキシーを発症した場合の血清中PAF濃度は平常時と比べて大幅に増加しており、かつその濃度はアナフィラキシーの重症度と相関する。(Vadas P et al:N Engl J Med,2008;358、28-35)、2)PAF以外のアナフィラキシー発症に関与する因子と考えられているヒスタミンやトリプターゼと比較して、症状発現時には血清PAF濃度がアナフィラキシーの重症度と最も強く相関していた。(Vadas P et al:J  Allergy Clin Immunol、2013;131、144-149)、3)マウスのピーナッツ誘導性アナフィラキシーモデルに対して、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、PAF阻害薬を処方したところ、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬はいずれも無効であり、PAF阻害薬だけが有効であった。(Arias K et al:J Allergy Clin Immunol、2009;124、307-314)、などの報告が存在しています。

今後、早期にPAF阻害剤を用いることによって、もしアナフィラキシー発作の重症化を未然に予防することができれば大変素晴らしいですが、果たしてそのようなことが可能になるのかどうか私自身も注目して見守っていきたいと考えています。

2020年8月9日(日)

前向きな気持ちがアレルギー疾患を軽減させる?

2020年8月9日(日曜日)

ストレスのない前向きな気持ちで日々を過ごすと、アトピー性皮膚炎や気管支喘息といったアレルギー性疾患の症状が緩和すると言うことはこれまでも経験的に語られていたのですが、この度山梨大学医学部免疫学講座の中尾篤人先生たちは、動物実験によってその事を実証した論文をAllergy誌に発表されました。

中尾先生の実験系では、「前向きな感情」を司る脳内の特定部位であるドパミン報酬系という部位をマウスに対して様々な手段により活性化した上で、5週間後にアレルギー反応の原因となる免疫グロブリンであるIgEを皮下注射したところ、膨疹反応の発現範囲が対照群と比較して有意に減少した事が示されました。

さらに興味深かったことは、ドパミン報酬系の活性化の手段として薬剤を用いたり、DREADDという手技を用いたりしたのに加えて、人工甘味料であるサッカリンを加えた群でもドパミン報酬系の活性化を誘発することが出来たそうです。

「前向きな気持ちで過ごす」ことが理想的であるとは判っていても現実には難しいとの事態がしばしばですが、程良い量の甘味料の摂取が「前向きな感情」を誘導してくれるとしたら、それはとても有難い事ですね。

2020年7月22日(水)

アトピー性皮膚炎の新規治療注射薬

2020年7月22日(水)

先月はアトピー性皮膚炎の新規治療外用剤についてお話ししましたが、今回は新規治療注射薬の話です。

まだ、商品化はされていないのですが、この度ネモリズマブという名称の皮下注射薬の第3相試験結果が発表されました。ネモリズマブとはインターロイキン(IL)-31受容体に対するモノクローナル抗体であり、京都大学皮膚科の椛島教授らにより研究が行われています。IL-31の特徴として、アトピー性皮膚炎患者さんの痒みを緩和するという点において強い効果を発揮するとされており、今回発表された第3相の治験結果でもプラセボ群と比較して明らかに有意な痒みの軽減が認められました。治療は4週間に1度の皮下注射で施行されましたが、特に重篤な副作用もなかったそうです。

アトピー性皮膚炎の新規治療薬の開発は今後も続くようであり、私たち皮膚科医とアトピー性皮膚炎の患者さん達にとって治療の選択肢が増えるという事はとても有り難く思われます。

   

バックナンバー

Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます